[国会議員メモ]
森永卓郎
http://senkyo.if.land.to:8080/pukiwiki.php?%5B%5B%BF%B9%B1%CA%C2%EE%CF%BA%5D%5D

[ リロード ]   [ 新規 | 編集 | 差分 | 添付 ]   [ トップ | 一覧 | 単語検索 | 最終更新 | ヘルプ ]

最新の3件
2010-04-072010-03-102010-01-20
★ウィキペディアで検索
★Yahoo政治
★youtubeで検索
★ニコニコで検索
★amazonで検索
★googleで検索
★yahooで検索

その他
森永卓郎 もりながたくろう

経済学者。護憲派。
三宅久之氏にその風体から貧乏神と揶揄されている。

政府紙幣発行賛成論者

欧州の混乱の現状や賃金低下の観点から、外国人労働者の受け入れには反対の立場である。

魚拓
(前略)
 しかし、外国人労働者の受け入れには、私は絶対反対である。

 現に、ドイツやフランスをはじめとして、諸外国でも外国人労働者の受け入れは失敗の歴史であるといっていい。

 たとえば、ドイツでは1960年代、高度成長のもとでトルコから大量の労働者を受け入れた。

 ところが、高度成長が終わり外国人労働者の雇用調整をしようとしたところで、つまずいてしまった。すでにドイツ国内では労働者たちに二世が誕生。彼らはドイツで生まれ育ち、ドイツ語しか話せず、本国に返そうにも返すことができない。

 そこでドイツが何をやったかというと、トルコに家を建てるための資金を与え、子どもたちにはトルコ語を教えた。そうした莫大なコストをかけて雇用調整をしたのである。

 日本で外国人労働者を受け入れても、まず同じことが起きるだろう。

 外国人労働者のメリットというのは、雇った企業のみに現れる。

 ところが、そのコストは長期間にわたって全国民にはねかえってくるのだ。たとえば、小学校の教育一つとっても、外国人の生徒がいれば、コストは10倍はかかるだろう。外国人労働者本人も失業を頻繁に繰り返すことが予想され、失業保険のコストがかかる。 (後略)


リロード   新規 編集 差分   トップ 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Wed, 11 Feb 2009 JST (3143d)

Modified by 議員メモ

"PukiWiki" 1.3.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GNU/GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by sng
Powered by PHP 5.2.11

HTML convert time to 0.006 sec.