[国会議員メモ]
宮崎哲弥
http://senkyo.if.land.to:8080/pukiwiki.php?%5B%5B%B5%DC%BA%EA%C5%AF%CC%EF%5D%5D

[ リロード ]   [ 新規 | 編集 | 差分 | 添付 ]   [ トップ | 一覧 | 単語検索 | 最終更新 | ヘルプ ]

最新の3件
2010-04-072010-03-102010-01-20
★ウィキペディアで検索
★Yahoo政治
★youtubeで検索
★ニコニコで検索
★amazonで検索
★googleで検索
★yahooで検索

その他
宮崎哲弥 みやざきてつや

☆☆

仏教徒。夫婦別姓反対論で論壇デビュー。
以前は左側の人間だったが、現在は中道の立場で正論を吐く。
世間的には保守派と誤解されることも多いが、保守派ではない。 余り伝統や常識にはこだわらず、その場その場で現実的合理的な選択をする。 中心となる主義主張がなく「こうすべき」という信念が見られない。西部邁について「私の師匠です」と発言したことがある。

安倍辞任発表の2007年9月12日夜、TBSラジオアクセスで上杉隆と共に特別な留保なく麻生クーデター説に言及した。

たかじん委員会等での発言:
「国を守るために武器を持って戦うという意識について、YESと答える日本の若者が世界で最低の水準なのは危機的である。私は昔は徴兵制は反対だったが、選択的徴兵制のようなものがあってもいいのではないか」
「愛国心は必要。日曜日に遊ぶのを我慢して投票にいく、くらいの公の精神がなくては民主主義は成り立たない」

参政権問題について以前は賛成派であったが、20091115のそこまで委員会において反対の言動をとった。理由として
・憲法上の問題(15条「国民固有の権利」)
・国民のコンセンサスを得られない。

人権擁護法案反対⇒人権ファッショ法だとして反対
共謀罪⇒反対(TVでは中反対という表現を使っていた)
皇室典範女系容認派(男系が理想だが、直系容認派)
外国人参政権反対 かつては市町村のみ選挙権賛成派だった(賛成派だった頃の主張:被選挙権は不可・都道府県レベルでは選挙権も不可)@2004/09/05たかじんのそこまで言って委員会
移民慎重派?@ミランカ「博士も知らないニッポンの裏・勝谷誠彦登場回」


リロード   新規 編集 差分   トップ 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Fri, 18 Dec 2009 JST (2839d)

Modified by 議員メモ

"PukiWiki" 1.3.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GNU/GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by sng
Powered by PHP 5.2.11

HTML convert time to 0.014 sec.